スポーツ整形外来とは

スポーツ整形外来は、日本大学病院の専門外来に設けられています。

スポーツ整形外来では、プロから小学生のスポーツ選手あるいはリクリエーションレベルの方々に至るまでのケガや障害の治療を行っています。さらにスポーツ医学から得られた高い治療技術とノウハウを一般の患者様にも応用し診療を行います。スポーツ選手だけでなく膝関節、肩関節、足関節、肘関節などに障害をかかえるすべての人々を治療の対象とし、すべての患者様が元通りの活動に復帰できることを目標にお手伝いさせていただきます。

スポーツ医学の治療の特徴として、一つには、保存療法・コンディショニングによる治療の方が手術的治療法よりも多いということがあります。従って、リハビリテーションや装具療法を生かした治療のノウハウも豊富です。痛みの原因が、関節や筋肉の硬さ、筋力のアンバランスによるものであれば理学療法士やスポーツトレーナーと協力し、ストレッチやトレーニング指導を行います。他の施設で手術が必要と判断された方が、理学療法のみで改善することも少なくありません。

もう一つの特徴は、残念ながら手術的治療が必要となった場合に、関節鏡という約5mmのキズを数箇所切るだけで皮膚や筋肉を大きく切開することなく、術後のリハビリが楽に行える道具を駆使した最小侵襲の手術を得意とすることです。スポーツによるケガはもちろんのこと、一般的な関節疾患(膝、肩、肘、足関節、股関節)に対しても保存的な治療に抵抗するようであれば関節鏡視下手術を可能な限り行います。特に膝前十字靭帯損傷、半月板損傷、反復性肩関節脱臼、肩腱板断裂、膝蓋骨不安定症、野球肘などの手術は数も多く実績があります。

 走る、跳ぶ、投げるなどのスポーツ活動が思うように出来ない選手、他にも関節がぐらつく、肩が上がらない、靭帯の断裂、関節の繰り返す脱臼、半月板の損傷、肩の筋肉・腱の断裂、軟骨の欠損などでお困りの患者様は是非ご相談ください。