東京千代田区の日大病院スポーツ整形外科外来が偏平足を解説します

偏平足

<偏平足の症状>
足の裏に凹凸が無く平らな状態になっている足のことを言います。
歩行障害、足部痛や足底部痛などの症状がありますが、大多数の人は無症状であることが多いといえます。走ったり、ジャンプしたりするスポーツをするひとは一般的なひとに比べると症状がでることがあります。
<偏平足の原因>
原因は先天性と後天性があり、人間は幼児期くらいまで偏平足の状態ですが成長するにつれて土ふまずが形成されてきます。しかし、遺伝的要因などを持っていると土ふまずの形成が阻害され、偏平足のまま成長することがあります。後天的な原因には、足の骨折などで骨格が正常な状態で無くなった場合に偏平足が起こることがあります。また、スポーツ選手などの足が発達した人にも偏平足が見られる場合があります。
<偏平足の治療>
足趾の筋力トレーニングなどのリハビリやインソール(靴の中敷き)を用いた装具療法での治療が中心となります。