東京千代田区の日大病院スポーツ整形外科外来が半月板損傷を解説します

半月板損傷

<症状>
曲げたり、踏み込むと膝に痛みが出ます。損傷した半月板が挟まりこむと曲げ伸ばしができなくなって膝が引っかかったようになります(ロッキング)。
<半月板損傷の原因>
スポーツ活動中に激しく膝をねじったときに生じる場合もありますが、特別なアクシデントがない場合にでも生じることがあります。中高年では自然に変性し断裂していることもあります。
半月板は、膝関節のクッションの役割をもつ線維軟骨であり、主な働きとして荷重の分散、関節の安定性、運動の潤滑などに関係しています。一つの膝に内側と外側の二つの半月板が存在します。半月板は血流に乏しく、血行が周辺の1/4程度にしかないために、一度損傷すると自己修復されることが難しいとされています。
<半月板損傷の治療>
症状からだけでもおおよその判断が付けられますが、診断をはっきりさせるにはMRI検査が有用です。
治療方法は関節鏡視下手術が必要となります。半月板の損傷部分だけをトリミングする半月板切除術を行う場合と、糸で縫い合わせる縫合術があります。切除術は血行に乏しい辺縁部に小~中程度の断裂が認められた場合や、縫い合わせることができない程度にボロボロになっている場合に行います。縫合術の適応としては、断裂部が血行に富んでいる部分に存在する場合であり、縫合することによって断裂部の修復が期待できる場合です。受傷してからできるだけ早く手術をけるほど縫合してもとに戻せる可能性が高まります。
しかし半月板は本来切り取ってしまっても問題のない組織というわけではなく、膝関節の機能には欠かせない組織でありむやみに切除してしまうと将来的に関節軟骨を痛めてしまう可能性が高くなるといわれています。そのため極力温存する方法をお勧めしています。縫合して残せないと判断した場合でも症状がごく軽い場合には、筋力トレーニングや痛み止めの内服、関節内注射などの保存的療法で治療する選択肢もあります。