東京千代田区の日大病院スポーツ整形外科外来が離断性骨軟骨炎(膝)を解説します

離断性骨軟骨炎

<離断性骨軟骨炎の症状>
離断性骨軟骨炎とは、関節軟骨の一部が剥離して痛みや違和感や引っかかり感を引き起こすものです。剥離部の軟骨はその場にとどまってぐらぐらしている場合と、完全に外れて遊離体(いわゆる関節ねずみ)となって関節内に転がりだして障害をもたらす場合があります。
<離断性骨軟骨炎の原因>
繰り返す関節面への力学的なストレスが加わることが原因となることが多いですが、一度の強い捻挫の際に生じることもあります。発症の頻度として、膝関節、足関節、肘関節の順に多く、若年者に好発するといわれています。小学生の野球肘にも多く発生します。
他にも原因そして、局所の循環障害、内分泌障害、骨化異常、遺伝的素因も考えられています。
<離断性骨軟骨炎の治療>
診断としてはレントゲン写真に写る場合もありますが、病変の進行度などを詳細に知る必要があるためにMRI検査が必要となります。治療法は、ごく早期の場合には運動制限による保存療法で治す場合もありますが、進行度合いによってさまざまな手術の方法を選択します。手術方法は、骨穿孔術(細いドリルで血行を良くするための穴をあける方法)、骨釘(剥離病片の固定と組織の血流を改善させるために自分の骨で釘を作り差し込む方法)、骨軟骨移植術(関節のきれいな部分から正常な骨付きの軟骨を円柱状に採取し病変部に移植する方法)などがあります。