東京千代田区の日大病院スポーツ整形外科外来がオスグット病を解説します

オスグット病

<オスグット病の症状>
小学高学年~中学の成長期に発症。
大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力が強く、脛(けい)骨(すねの骨)の付着部の軟骨が剥がれてしまう。成長期の軟骨は柔らかく剥離しやすい。
<オスグット病の原因>
ボールを蹴ったり、ジャンプしたり、飛んだりする動作の繰り返しにより生じます。 オスグット病
<オスグット病の治療>
安静、運動量の調整、大腿四頭筋のストレッチ(大事)。練習後のアイシング運動量を落とし、筋肉の柔軟性の獲得に時間を使う事が結果的には早くスポーツ復帰できる。