東京千代田区の日大病院スポーツ整形外科外来が変形性膝関節症(初期~中期)を解説します

変形性膝関節症(初期~中期)

<変形性膝関節症の症状>
症状は膝関節の運動時痛がメインです。動作開始時の痛みや坂道・階段歩行時の痛みが特徴的です。関節に炎症が起きれば関節水症(膝に水がたまる状態)も起こります。日本人の場合、内側型の変形性膝関節症が多く内反膝(O脚)変形が生じます。内側の関節裂激(関節の隙間)が狭くなり、徐々に骨の変形が生じ、徐々に可動域(膝の曲げ伸ばし)が制限されてしまいます。ごく初期の場合には、運動時の強い負担のかかった時だけの痛みや、長時間同じ姿勢で椅子に座っているだけで膝が痛くなるといった症状もあります。
<変形性膝関節症の原因>
何らかの原因で関節軟骨の摩耗が起こり関節炎や骨の変形をきたして機能低下を招く疾患です。この変形性膝関節症の原因は大きく一次性と二次性の2つに分けられます。筋力低下、加齢、肥満などが原因で先行疾患なく生じるものを一次性、先行する何らかの疾患(膝の骨折や靱帯断裂などの外傷、先天異常・代謝性疾患・など)がきっかけとなり引き起こされるものを二次性と言います。一次性の場合、肥満のある中年女性に多いとされています。
<変形性膝関節症の治療>
初期はリハビリによる下肢の筋力強化を中心に消炎鎮痛剤の内服やシップ、装具(足底板や膝装具)での治療を行います。特に大腿四頭筋(太ももの前にある筋肉)や臀筋群の筋力強化は痛みの軽減に飲み薬よりも効果があることが明らかになっており大切です。ウォーキングやランニングはやり過ぎると逆に膝を痛めるケースがあり注意が必要で、主治医の先生にトレーニングのやり方を教わりましょう。
中等度の場合には、関節内注射(ヒアルロン酸やステロイドなどの)で治療する。これも非常によく効きます。何度か繰り返し注射しますが、決まりはなく、主治医の先生と症状を見ながら決めていきます。
これらの保存療法に抵抗性で日常生活に支障が出る重症例の場合は手術的に治療を行います。手術療法では関節鏡を用いた滑膜切除術、骨きり術、人工膝関節置換術などが状態に合わせて選択されます。 手術治療は、非常に痛みの強い患者さまには大変効果的です。しかし手術を受けるとは大変勇気のいることと思います。手術の恐怖の多くは、知識不足からきますから、主治医の先生とよく話をして十分納得して手術を受けることが大切になります。