東京千代田区の日大病院スポーツ整形外科外来が腰椎分離症を解説します

腰椎分離症

<腰椎分離症の症状>
症状の多くは腰痛です。特に、腰を後ろに反らす動きや強い捻りは分離部に圧迫が加わるため、痛みが増強します。また、長時間立ち仕事をしたり重いものを持ったりなどして腰に負担がかかった後にも痛みが出現することもあります。
<腰椎分離症の原因>
原因として多くは小児期に繰り返される激しいスポーツ活動によって起こる疲労骨折と考えられています。腰椎の椎弓といわれる部分が連続性を失い、離れた状態を言います。多くは第5腰椎に好発しますが、時に第4腰椎にも認められます。成人の腰椎分離症は小児期に発生した分離症が無症状のまま経過し、加齢による変化が加わって症状が発生するものと考えられています。
<腰椎分離症の治療>
診断にはレントゲン検査だけでは不十分で、CTやMRIなどの検査が必要となります。腰椎分離症は成長期を過ぎると保存療法では骨癒合は期待できず、早期の発見が重要です。最近では骨が分離する前の状態がMRIで発見できるようになってきました。
治療は保存的治療(手術しない方法)が原則ですが、骨をつける時期の治療と、骨がつかない時期に入っている場合の治療に分けられます。まず、スポーツ活動を一時中止し、日常生活動作の注意点を指導します。骨がつく可能性のある時期であれば、装具療法としてコルセットを着用させます。3か月から6カ月着用する場合もあります。痛みのない治療ですが、大好きなスポーツ活動を休んでコルセットを装着するには大変な辛抱が必要になります。一方、骨がつかない時期の治療は、リハビリテーションを積極的に行っていきます。温熱療法や腰部や股関節の柔軟性の改善のためのストレッチや、腹筋群の筋力トレーニングを行います。また、スポーツ活動中での腰部の回旋(捻れ)や後ろへの反りを繰り返す事が椎弓に負担をかけ骨折が生じると考えられており、原因となっている動作の修正も行います。 腰椎分離症