東京千代田区の日大病院スポーツ整形外科外来が画像に異常のない腰痛を解説します

画像に異常のない腰痛

<症状>
筋膜性腰痛症の症状は動作時の腰痛が主体で、安静をとると軽減します.背筋の緊張が高く、筋肉に沿った痛みがあります。痛みの部位も骨盤の両脇から,仙骨,背部にいたるまで,さまざまです.しかし、下肢のしびれや筋力低下、知覚障害などの神経症状、レントゲンでみられるような骨の変化はありません。
<原因>
筋疲労や姿勢異常(姿勢性腰痛症,静力学的腰痛症)が原因となります.一方,椎間板変性や変形性脊椎症,腰椎分離・すべり症,骨粗しょう症などの原疾患が基盤にあり,二次的に筋・筋膜性腰痛症を起こしている例も少なくありません.スポーツ活動では、ピッチング、ジャンプ、スイング、体幹の過伸展や、屈曲、回旋、中腰の姿勢から腰にひねりを加えるなど、スポーツ全般の動作により、腰に負担のかかる激しい動作に多く起こり、また前傾姿勢の保持や着地時の衝撃なども腰痛の原因となります。
<治療>
治療はリハビリや薬物療法が主体となります。まずは痛みの軽減を優先します。それから、体幹部の筋力・筋持久力の向上と股関節を中心とした柔軟性の向上が大切です。関係する部位のみのストレッチングだけでなく、全身的に行うことが望ましいです。痛みが強い状態で行うと、筋が緊張して痛みが増強する場合もありますので、筋の過緊張を和らげてから取り組みます。物理療法として牽引や温熱療法、超音波なども効果があります。