アスリートの皆さんへ

スポーツのケガや障害で病院を探しているなら、一度、日大病院に相談してみてください。

試合・合宿などのスケジュールを可能な限り考慮して、検査・治療計画を立てています。一般の患者さんの場合にはギプスで固定して治す骨折でも、アスリートの場合には速やかに手術を行って可能な限り早い復帰を目指すこともあります。

また、例えば、足首を強く捻挫して靱帯断裂で来院した場合。通常ならば靱帯が一番良く治り、かつ後で困ることがないように、治療方針を立てて患者様に提示します。一方、とにかく早期復帰を一番の目標に行いたいというはっきりとした希望がある場合には、靱帯がゆるくなったままになったとしても、痛みをとにかく取ることを最優先に、治療計画を立てる場合もあります。(もちろんその場合には、代償として二次的な障害発生のリスクを背負うことを十分に理解していただく必要がありますが。)治療のスタンダードが至上ではなく、本人や、監督、チーム事情、トレーナーの希望などよく話し合ったうえで、治療方針や復帰時期を決定します。一方まったく逆の場合もあります。特にジュニア選手の場合には、痛み止めを打って試合を続けたいなどという本人や親の希望を受け付けず、将来のことも十分考慮して、強くスポーツ活動の休止をお勧めし説得することもあります。

私たちは、膝しか診察しない肩しか診察しないとういうくくりではなく、一人のスポーツ選手をトータルに把握し治療のお手伝いをします。障害を起こしている部位のみならず、その障害を引き起こす原因となっている部分にもアプローチします。また障害部位によってその都度ドクターが変わるのではなく、選手をずっと見守るように治療することができます。もちろん特別な治療が必要になった時には、各分野のスペシャリストとタイアップしての治療もおこないます。

手術をした場合でも、日常生活レベルで終わりではなく、希望のパフォーマンスレベルまで回復できるようにメディカルリハビリテーション→アスレティックリハビリテーションと行っていただき、試合復帰までサポートを行っています。

東洋医学は科学的な証明がなされていないからダメとは決めつけません。きちんとした知識と見識を持った治療者であれば、チームのトレーナーやかかりつけの接骨院の先生やスポーツジムなど様々なスタッフと連携していきます。総合的に判断して選手が一番良い治療が受けられる環境をコーディネートしていきます。